Moving Saturday

全米プロゴルフ選手権の3日目、
松山選手ティーオフの3時に
目覚ましをかけて寝たが、am2:58に
目が覚めてしまったのは、
我ながら恥ずかしい。


今日は、文字通り、
我慢のゴルフ


5時間半観戦した当方も、
緊張で肩がスッカリ凝って
しまうような試合展開


思い起こせば、中学生の頃から
ゴルフのメジャー大会は観ていた。


中嶋常幸の全英最終日2位スタート
岡本綾子の全米女子最終日トップスタート
そして、青木選手の2位
丸山選手の4位など、


今でも部分的な映像を思い出す。

周りにゴルファーのいない僕が
何故夜中のテレビを観ていたのか
よくわからないが、何だか、
18ホールの中に人生のドラマが
あって、観だすと寝られないのが、
50年続いている。


流石に予選から全て観戦するのは、
初めてだけど、5年ほどこの
スポーツをやってみて、スキル
だけでなく、メンタルの重要性
を痛感したことも大きいだろう。



人前での緊張と無縁の僕が、
ゴルフ場での月例競技会で
我を失い、地に足が着かない
という初めての経験をしたのだ。
(もちろんスコアは、惨憺たるもの
で、月例競技に出るのは
烏滸がましいのだが)


自分のことは、どうでもいいが、
今朝の松山選手の表情も良かった。


耐えるって、
オトナの顔なんだなあと
思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS