葉桜の季節に君を想うということ(歌野晶午)

歌野さんが実質的に売れ出した
のは、この本からだろうか?


一見、何の脈絡のない展開が、
最後に一気に結びついて、
絡み合って、怒涛のラストに
向かっていくのは、何時もの
パターンなのかしら。


夏休みの就寝前のお楽しみ
読書にぴったりなので、ここで
ご紹介

 

 

本の詳細はこちら。

葉桜の季節に君を想うということ(歌野晶午)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS