らしい組織論

熊本BPOセンターの組織作りが
今期の僕の大きな仕事である。


全員が、地元出身であり、業務は
繊細な情報処理力と高度な
コミュニケーション力を求められる
地味な仕事でもある。


この組織のイメージを考えると、
個人としてのスタープレイヤーは
いらないのではないだろうか?


育成文化としてのおせっかい気質は、
東京同様あるべきだが、それは、
サポート的な優しさが前面に
出るような組織としての機能で
あり、カリスマリーダーでは
ないと思う。



当面の組織作りは、サポーター
機能の活性化かもしれない。


土曜日に、未経験の彼等へ、
考課者研修をやってみても、強く
感じた次第である。


そういうイメージで、未来の組織を
考えれば、熊本の若いスタッフは、
極めて優秀であることに気がつく。


真面目である。
誠実である。
顧客や会社への責任感が強い。
自分よりも、チームを大切にする。



先週は、4日間の長い出張だったけど、
新卒1年生の同期会?をやって、
考課者研修をやって、見えてくる
ものがあり、実りの多い出張だった
と思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS