承認欲求から逃れる

嫌われる勇気(岸見一郎、古賀史健)


この本は、相当のベストセラー
だったから、手に取った人も
多いだろう。


だがしかし、自分の人生と
向き合いながら、じっくり
読んだ人がどれ程いるのだろうか?


対話形式の読みやすい工夫を
してはいるが、中身は、猛烈に濃い。


とてもさらさら読めずに、
ブスブス刺さってくるし、
重たく不愉快な本だ。


傑作だと思う。


5年前であれば、僕は
全く受け付けない本だが、
読んだ感想は、当社の全リーダーに
進めたい。


特に、悩み多い
あるいは、イマイチの状態
の彼等が今こそ、腰を据えて
読むべきだと思う。

 

 

本の詳細はこちら。

嫌われる勇気(岸見一郎、古賀史健)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS