石つぶて(清武英利)

読売巨人軍代表だった
清武さんの力作である。


外務省の不正(公金横領?)を
舞台にした警視庁捜査2課の
活動を記したノンフィクション。


この上なく、リアルで、迫力がある。

役人
予算
国家


何も縁のない世界だが、
自分も一介の刑事になった
様な気分で、一気に読破した。


検察や警察が舞台のこう言う
本の面白いところは、毎日の地味な
業務の延長に、強い信念と職業倫理
が垣間見えるからだと思う。

 

 

 

本の詳細はこちら。

石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの(清武英利/講談社)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS