情報氾濫のわな

歴史上今ほど、「情報」が氾濫し、軽くなった時代は

ないだろう。トム・ハンクス出演の「ザ・キューブ」にも

描かれているが、情報獲得とパワーが結びつきすぎて、

少し怖いなあ、と思う。

 

主なサイトには、クリック数の多い情報が常に

表示される時代だから、ネットは、商業ベースでは、

強力な武器であろうが、人間の幸せからは、

段々ほど遠い時代になっているように思う。

 

 

学びの大切さはいろいろあるが、やはり、

1次情報に触れることに尽きる。

 

 

1次情報とは、実際に現場に行って

自分の目で見て、感じること、あるいは、

地味な実験や分析から、新しい理論や考え方を

導き出した原典たる書籍を読むことではないだろうか。

 

いずれも、コストがかかり、時間もかかる。

逆に言えば、時間やお金の使い方の問題だ。

 

この数年の学びは、情報格差と、経済格差は、

確実に関連するなあ、ということである。

 

将来ある若手にこれをどう伝えるべきか、

とてもよく考える毎日だ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS