ヘッドコーチ

団体球技のプロスポーツの世界では、

ヘッドコーチの存在がすっかり重要に

なってきたようだ。

 

最近プロ化が進むラグビーでも同様で、

トップリーグの競合は、実績有る外国人か、

プロに徹する日本人のヘッドコーチ以外は

生き残っていない。

 

少し前までは、現役時代の有名選手が、

人柄を買われて、監督になっていたのとは

雲泥の差である。

 

では、彼らのプロフェッショナリズムとは

何か?

 

・勝った経験から、勝つ術を知っている(暗黙知)

・優秀なスタッフを揃え、機能させることができる

・選手を鼓舞し、選考がフェアであり、良質の

 競争環境を作れる。

 

これらは、同じヒトを使う立場から考えれば、

経営者と似ている点が多い。

彼らのインタビュー記事などを読むと、

例外なく、学習意欲が高く、自己成長が、組織

成長に欠かせないことを知っており、環境変化に

しなやかであるようだ。

 

要は、

 

「勝たせるための人使いと組織使い」

 

であろう。

 

大変面白いものだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS