40歳が社長になる日(岡島悦子)

来週から、未来の幹部候補20人
を連れて、シリコンバレーに行き、
1週間のキャンプを行う。


ライフワークとしてやってきた
中堅/中小企業の事業継承の一環
だが、僕の場合、自社の実験に
圧倒的に時間とエネルギーを
かけているので、この岡島悦子さんの
書籍は、とても面白かった。


「経営者のかかりつけ医」

と言われるだけあって、リアルで
臨場感ある考察に富んでいる。



ハンズオンで、経営支援をシッカリ
やってきた人ならではの凄みがある。
富山さんに似ていて、一度
あってみたい人だ。


これからの社長の要件も、
よく整理されていて、同意する。


事業継承のニーズが増えてきたのは、
きっと、暗黙知と直感の世界である
経営という仕事を、伴走するだけでは
難しくなってきたのと、
伴走する時間がとれなく
なってきたからだろう。



以下は、特に、良質のインプット


・企業経営のダイバーシティとは、
既存成功モデルに疑問を投げかける
人を意思決定レベルに入れること



・多様化とは、属性ではなく、
「視点と経験」


・チャレンジ童貞とチャレンジ処女



・妙齢女性のかかりやすい
「10大疾病」


最後の二つは、女性中心の当社
の経営には、大変なご馳走だった。

 

 

 

本の詳細はこちら。

40歳が社長になる日(岡島悦子/幻冬舎)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS