デザイン思考ワークショップ

今回の次世代リーダー研修の
メソッドは、徹底して、デザイン思考
である。

なぜならば、若い彼らが、経営者
になった時の最も困難な業務は、
新規事業開発だからだ。


もちろん、社長の仕事やスキルは
際限なく、資金調達、人材調達、
市場開発、顧客管理から、スタッフの

モチベーションマネジメントまで
多岐にわたる。


だけど、それらは、経験や学習で、

学べる方法がある。


新規事業開発だけは、まず、ない
と思うからだ。




今日は、デザイン思考ワークを
行った。


テーマは、移民の課題 は何か?


4-5人のチーム毎に、大学や
ミュージアムにウーバーで出かけ、
一人5人くらいのフィールド
インタビューを行うのだ。


もちろん、英語で!


「出身地は?」
「困っていることは?」


などなどを街頭インタビューする
には、まずをもって、度胸がいる。

それに、多少の英語力も。



これらの情報を持ち帰って、

「顧客の真の課題」を考え、
対策案を練りあげ、発表する
という具合のワークである。



因みに、プレゼンは、

紙芝居
即席の演技
プロトコル(模型)

などなど堅苦しくない形式で行う。



ここサンノゼで、
英語を使って、顧客の生の声を
拾い、限られた時間で、脳漿を
絞り、アイデアを楽しく発表する
という体験型ワークは、やはり、
シリコンバレーならではであり、

多くの参加者が覚醒した要因
でもあろう。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS