デニムにTシャツ

世界で、日本語人口は、大凡2%、
だから、先ずは、日本国内のマーケットで

勝負するというのは、愚かな判断である、

というお話を聞いた。


楽天やサイバーエージェントは、
過酷な国内競争に勝つために、
いくつものサービスを提供する
必要があるが、例えば、Twitter社は、

単独サービスなので、品質に
こだわれるというか。


また、米国は広いので、営業活動
というものが、非合理的で、

そこから、マーケティングが発達した。


営業活動を人に委ねないので、
結果誰もスーツを着ない。


スーツを着るのは、日本人だけで、
サンフランシスコのビジネスの場では、

ユニークを通り越して、気持ち悪い。



きっと、これらの話は正しく、
人種差別をせずに、徹底して
世界レベルでの競争環境を
作った、ここシリコンバレーの
姿なのだろうが、僕達が考える
べきは、「それを知った上で、
どうするか?」であろう。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS