街の変化

今回のシリコンバレー出張は、
前後に1日づつオフの日を作り、
できる限り、サンノゼの街を歩いてみた。

早朝の散歩合わせて、1日
20000歩は歩いた計算になる。



30年前の古い話だけど、当時は、
サンノゼは、ダウンタウン以外は、
野畑という印象で、近づいた
記憶もない。


それが、綺麗なオフィスやマンション
あるいは、近代的なショッピング街
や公園が出来ており、いる人も
若い。


サンフランシスコでは、地元の
若い人は、サラダ中心のランチで、
時間と健康をケアしている人が
多い。



一方、全米から集まる観光客は、
ザ・アメリカンという体型だ。


やはり、このベイエリアは、
アメリカであって、アメリカでない
特殊なエリアなのだろう。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS