逆襲される文明(塩野七生)

塩野七生さんのこの著作は
エッセイという類いなのだろうか。

一つ一つ丁寧に読んで、
じっくり考えてみるのが良い。


僕は、彼女の著作は、文藝春秋
で読むくらいで、ちょっと難しく
敬遠しがちだったけど、近頃
漸く、自分の仕事や人生と重ね
合わせて楽しめる様になった。


民主主義
イタリアや国際政治
宗教と経済

あたりのテーマが、面白かった。



そして、後書にある
長期的に発展する国家と

没落する国家の比較は、

「危機管理」にある、という指摘。


これは、政治と経営の共通点
というか、基本だなあと自信を
持つことが出来た。


読んでみて、またフィレンツェに、
そして、まだ見ぬ、ベネツィアに
行ってみたいものだという思いが
強くなった。



「ローマ人の物語」


年内に挑戦してみよう。

 

 

本の詳細はこちら。

逆襲される文明 日本人へIV (塩野七生/文春新書)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS