37年ぶり

一番ヤンチャな大学入学当時、

最も遊んだ友人と、連絡がとれないまま

20年以上が経っていた。

 

彼は、親の事業を継いで、社会保険労務士

事務所を経営しており、会うのは実に37年

ぶりだった。

 

社会保険労務士の定期研究会で講演をしてくれ、

というありがたいお話で、700人以上が

参加するらしい。

 

所で、僕は、創業後随分知人への連絡や

年賀状をサボっていたので、あらゆる同窓会で

「行方不明」となっていたらしいが、

この10年で、本やブログ、SNSがきっかけに、次々と

つながり、懐かしい面々が、会社を訪ねてくれることも

増えてきた。

 

この友人は、大学のラグビー部のウェブサイト

からみつけたらしいが、まあ、便利な時代である。

 

二人で、近所の居酒屋に繰り出し、3時間以上も、

語り合った。僕は、まだ現役のようなものだから、

過去の思い出やグチを語る会は、ちょっと避けて

きたが、40年分を、3時間で語り合うのも、

なかなか素敵な時間だったと思う。

 

良くも悪くも、僕は、変わらないらしい。

この年になると、会っても、別人 という

ことも珍しくはないが、ウェブサイトの写真

を見て、一発で、「あの樋口だ!」という

ことになったらしい。

 

そうだろうなあ、と思いつつ、一方で、

自分の昔は、断片的なことを除くと思い出せず、

友は貴重なものだと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS