自分のため?

今年は、結婚披露宴への出席が

殊の外多かった。

振り返って数えてみると、1年で8回

だから、随分土曜日を消費したことになる。

 

そして、立場上、挨拶などを頼まれることが

多いので、当人のことを思い、それなりに

一生懸命こなすのだが、本人たちにしてみれば、

人生の初舞台であり、最初で最後、

義理というよりは、いろんな想いがある

だろうから、業務としての講演やセミナー

などに比べると、格段に重責を感じる

お役目である。

 

お話内容は、それぞれだが、若い彼らに思うのは、

 

「これからの人生は、半分他人(自分以外)の

 ためになるんだよ、わかっているの?」

 

ということである。

 

これがわかり、実践している人を

大人というのではないだろうか。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS