幸せには5種類ある

 

「モチベーション革命」尾原和啓(幻冬舎)

 

 

 

これは、スタッフから薦められた本だが、

 

 

 

非常に分かりやすく中身も濃く、私のような

 

 

中高年にとっては、この上なく、役立つ本

 

なので、今週は、ここに書かれたことを

いくつか紹介したい。

 

 

 

 

 

 

 

五つの幸せは下記である。

 

 

 

 

その説明は、著者とはちょっと違うが

 

 

 

昭和を代表した私の解釈である。

 

 

 

・快楽

 

 

 

 

・達成

・没頭

・意味合い

・良好な人間関係

 

 

 

 

「快楽」「達成」は、私たち昭和の時代のモチベーション。

 

 

 

 

全員が、共有目標を達成し、得られる物欲も、満たされやすい

 

時代背景があったと思う。

 

 

 

「意味合い」は、何のために働くのか、誰の役に立っているのか、

 

を大切にする、新しい考え方で、昭和の時代は、頭を掠めることは

 

あっても、快楽と達成欲求が常に先行しており、真剣に考えずに

済んだのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

「良好な人間関係」は、今も昔も変わらない定義だが、「会社」で

感じられることが難しくなり、同時に、「家庭」でも、難しくなった。

 

だから、ハイライトされてきたのではないだろうか?

 

 

 

 

 

 

実は、今も昔も一番大事なのは、「没頭」ではないだろうか。

 

没頭=夢中、楽しい と捉えると、これを仕事にすることに

 

勝る幸せはない。

 

 

 

僕は、これの実現者だから自信を持っていえる。

 

 

 

 

 

60歳になって、職業人の幸せ総括すれば、「夢中」になれた

期間の長さ ともいえるのではないだろうか。

 

 

 

本の詳細はこちら。

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書(尾原和啓/幻冬舎)

 

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS