ハッピーなとき:高額なサービスに心から感謝されたとき

今日も、昨日の続きです。

 

著者の尾原さんは、

 

「仕事をするうえで、最もハッピーなとき」

について次のように言っている。

 

 

自分にとっては、好きで楽にできることと

相手にはできないことが噛み合うこと

 

 

確かにそのとおりである。

私は、ITオンチが甚だしく、社内若手スタッフに

頭を下げながら、音楽のダウンロードを教わったり

している。

彼らにとっては、訳無いことだが、おっさんに

とっては、これ以上イライラして精神的に苦痛を

覚えるものはない。

(有料だったら、取扱説明書くらいつけろよ!)

 

私は、人事コンサルタントとして、前線で働いて

いたとき、時給10万円を看板にしていた時期が

あった。

 

それは、自分には、好きでやっていることが

お客様にとっては、どの程度の付加価値なのか、

のメジャーに過ぎない。

 

この本なかなか面白いですよ。

 

 

本の詳細はこちら。

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書(尾原和啓/幻冬舎)

 

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS