禁断の住宅補助

世の中では、社宅制度からの撤退が多く、

ましてや、「Pay for performance」を

人事制度の根幹とする当社が、住宅補助を

開始するのには、大いなる迷いと決断が

あった。

 

初期費用全額会社負担で、補助費用も

悪くない。会社(恵比寿)から30分以内

で、逆に交通費は支払わない。

 

第一の目的は、高いタレントをもつ

トップレベルの学生の採用であり、

彼らの活用だ。

 

もう一つは、賃金の低い20歳の若手で、

通勤の時間を惜しむほど、ハードワークしたい

ハイモチベータへの支援である。

 

決して、単純なWLB支援ではない。

僕自身、数十年通勤地獄に悩まされて

来たので、未来あるポテンシャル人材に

その時間を、有効に使ってほしい、という

思いが強い。

 

まだまだ当社は、所謂「福利厚生制度」を

もてるような余裕も文化もないが、これが

双方にとって、良い投資となる、未来ある

タレントが生まれればうれしいと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS