日本での起業の難しさ

日本では、働く=会社員

という常識なのだろう。

 

今でも、「創業の理由」や「困難だったこと」を

聞かれることが多い。

 

冷静に振り返れば、大変なことは三つ。

まあ、一般的には、リスク ということだ。

 

1、お金の調達と返済

2、人事に関わることの最終責任

3、顧客の開拓と維持、発展

 

これらを超えて、やりたいことがあるか、

もしくは、大それたビジョンがないけど、

とにかく楽しめるか、なのだが、

 

僕の場合は、明らかに後者で、Dreamer

や Visionary というタイプではなく、

至って地味なおっさんだ。

 

では、楽しめる、ということを突き詰めると

「責任を楽しめる」という言葉が適当だ。

 

では、責任を楽しむために必要な「能力」は?

となると(こういう発想はそもそもおかしいのだが)

 

「しなやかさ と 強さ(度胸)」ではないか。

 

この二つは、学校教育において、全く

登場しない能力だ。

 

だから、子供の頃から開発すれば、

日本でも、起業家は必ず育つと確信する

次第である。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS