君たちはどう生きるか(吉野源三郎)

クリスマスイブのこの日に
とっておきのプレゼントをしたい。



日中開戦の最中に出版された
この名作は、今に至るまで、
ベストセラーとして君臨する。



僕は、この人は、と思った著者
の参考図書や引用書をメモするのが
趣味だが、この数年ほぼ必ずと
言って良いほど登場するのが、
この本だった。



今年の丁度100冊目の読書として
米国出張に持参してじっくりと
読めた。




最近は、池上彰さんの解説付きや
マンガもあるらしいが、これは是非
岩波文庫の原点で読むべきだ。


何というか、吉野源三郎さんの
熱き想いが、乗り移るのではないか、
という気がするのだ。



中学一年生のコペル君の旅に
出て、最後は心爽やかな気持ちに
慣れることをお約束したい。

 

本の詳細はこちら

君たちはどう生きるか(吉野源三郎)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS