高校ラグビーに痺れる

遠くベルリンの早朝ネットで
繋がった高校ラグビー準決勝
二試合を観戦


珍しく、優勝候補の両横綱が
破れるという波乱の準決勝だった。


僕が応援していた神奈川代表の
桐蔭学園は第2試合に登場


ワントライ差でロスタイムを
迎えてからの7分間の壮絶な
攻撃は、文字通り呼吸を忘れる
様な攻防で、レフェリーが止めること
なく続いた攻撃の回数は60!


見たことのない数の波状攻撃


レフェリーのコールも反則も
なく続いたこの桐蔭学園のアタック
と大阪桐蔭のディフェンスは、
多分高校ラグビーの歴史に残る
ものだろう。


勝者は二校とも
戦略的ディフェンスの勝利
決勝戦が楽しみだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS