これからの世界をつくる仲間たちへ(落合陽一)

この人は、やれ天才だの、

魔術師などの騒がれているが、

一体どれほどの人が、彼の発言や仕事を

理解しているのだろう?

 

失礼だけど、ほとんどの人は、分かったふり

をしているとしか思えない。

僕も、スタッフに薦められて、いくつか

SNS上で講演や対談を観たが、正直さっぱり

わからなかった。

 

 

だがしかし、ただものでないなあ、

とか、部分的に凄いことを言う人だなあ、

と思うところがあり、理解できないことに

忸怩たる思いをしていた。

 

この本も、正直言うと、3回も読んで

最後にマーカしながらようやく、

自分なりの理解ができたという感じだ。

 

結果、やっぱり、彼は凄いということがわかった。

中学生の頃から、ニーチェやエーリッヒ・フロムの

ようなドイツ近代哲学が好きだった、というくらい

だから、心酔する出口さんや丹羽さんのような読書量

なのだと思う。また、テクニカルにも、あらゆるものを

分解して、「その仕組み」(彼曰く魔術?魔法?)を

知りたい、という好奇心は、特異なものがあるのだろう。

 

親父も凄いが、息子も桁外れ、ということか。

 

まあ、とにかく桁違いの勉強力と思考量から、

世の中が、コンピュータとネットの力を得て

どう変わっていくかを、かなりリアルに書いて

くれており、漸く理解してからの納得感は、

とても高かった。

 

しんどかったけど、読んだかいがあった。

 

本の詳細はこちら

これからの世界をつくる仲間たちへ(落合陽一)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS