知的ヒントの見つけ方(立花隆)

立花隆さんは、憧れの人だ。
多分ロッキード事件の田中角栄研究
以来かな、と思う。



今でも、毎月の文藝春秋の
寄稿には目を通している。


NHKスペシャルでも、
いろんなジャンルのテーマで
登壇されている。

気鋭のジャーナリスト
と言うと彼の名前が真っ先に
思い浮かぶ。


この本は、文藝春秋の寄稿を
とりまとめたもので、読み直して
見れば味わい深い。


恥を忍んで言えば、彼のような
物書きに憧れたこともある。


ただし、その取材姿勢を知るうちに、
単なる知性の差ではないことに
気がつき、マスコミを志望する
までには至らなかった。


このブログの読者の方々が
良くわかっていただいている
とおりが、私の実力である。


それでもなお、知的ヒントの
見つけ方に、この歳でも
惹かれるのは、まあ恥ずかしい
事ではないだろうと自分に
言い聞かせる次第である。

 

 

本の詳細はこちら

知的ヒントの見つけ方(立花隆)

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS