竜馬がゆく(司馬遼太郎)全8巻

この有名な歴史小説は40数年
版を重ねて今日にまで至る。


僕も高校生で読んだから
何と40年ぶりの再読ということ
になる。


当時何を感じながら読んだのか
サッパリ分からないが、少しは
人間として多少の苦労もした今
やはり面白い。


それは、痛快と言うよりは、
坂本龍馬を中心としたリーダー
の在り方について著者の分析と
評価についてである。


例えば、山内容堂、
武市半平太、
勝海舟、

桂小五郎


などなど、思わず、

うーーんと唸る様な
場面や脱線が楽しくて
なかなか読み進まない。

 

本の詳細はこちら

竜馬がゆく(司馬遼太郎)全8巻

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS