教育は何のために

江戸時代の末期上士と呼ばれる
高禄の武士は300年暖衣飽食して
きたことで気概の志士を輩出せずに
明治維新の主たる志士は、下級
武士であることは良く知られている。


これは、劣等感が上昇エネルギー
に繋がるという点で今でも不変の
法則であろう。



所で江戸時代末期武士は人口の
1割程度で、残りは百姓と町民だった。
彼らは、被支配者階級だったから、
自分の階級に誇りを持てない
無責任階級だった。

当然彼等の中からリーダーは
生まれない。
教養のない欲望からは、リーダーが
生まれないのだ。


このような事実から、私たちが
知識や教養と呼ばれるものを
身につける意義が見えてくる。


教育をするということは、
自分を超えて良き社会を作らんと
する行為であり、小なりと言えども
僕も社内外の人達に、その事を
訴え続けることは大事だと
再認識する次第である。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS