究極のマイペース

今年の慶應義塾大学蹴球部

主将は、古田君という医学部

に在籍する学生らしい。

 

彼は、慶應高校の時から花園で

活躍していたので、知っていた。

英才が集まる付属高校でもトップ

3%しか医学部進学はできないらしい。

 

記事によると、彼の文武両道は、

スキマ時間の最大活用だという。

猛練習の後にクタクタになりながら

時間を決めて、論文を読むらしい。

 

いわばタイムマネジメントの分野だろうが、

これは、文武両道以外に、MBAに行った

友人からもよく聞く話だ。

 

猛烈な読書量(もちろん原文の英語で)を

連日要求される生活が、2年間続くと、

とにかく時間と頭脳との戦いだという。

 

こういう経験を若いうちにするのは

とてもだいじなことだ。

 

時間はだれにとっても、1日24時間。

だがしかし、そのうち、inputとoutput

にどれだけ使っているか、は、大きな

差があるはずだ。

 

若い子には、言っていることだが、

「同期の2倍のスピードで仕事をしなさい」

 

ということは、無駄なことを辞めるか、

二倍のスピードでやるか、どちらか

あるいは両方なのだが、これは、究極の

マイペースであろう。

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS