会社の未来予想図

中小企業経営者のほとんどは、責任感で仕事をして、

「ほっとする」ことはあっても、人様に「モチベーション

があがった」などと口にできることは、そうそうなく、

寡黙な毎日であろう。

 

僕も、そういう一人である。

 

だが、違うところは、年に2-3回

異様に気分が高まり、会社の未来予想図を

猛烈に描けるときがある。

 

それは、未来有る優秀なスタッフを仲間に

迎えられたとき。

 

僕には、彼らの可能性が見えるので、

この子達が化けたら、こういう会社が

作れるかも、という妄想から抜け出せない。

 

もちろん、そうそう上手くはいかない、

だが、タレントとポテンシャルはしっかりと

感じて、気持ちの高揚は抑えられない。

 

もう一つは、リーダーとして、一皮向けた

その瞬間を見るとき。

これは、同志の拡がりにつながり、

会社のスケールが拡がる喜びだ。

 

会社員では味わえない、こうした

喜びに麻痺して、日々の責任の重さや

孤独感は吹き飛ぶのだと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS