人材発掘と育成

竜馬がゆく、

を読んで唸らされることの
1つは、殿様の人材発掘と育成
手法である。


薩摩の島津斉彬
土佐山内容堂は、その両党であろう。


つまるところ、その才を見つける
のはトップにしか出来ない大事な
仕事であり、そしてその育成方法は、
育成の培養となる


「知識と経験」を与えることにある。

その為に抜擢と精鋭教育がある
事が改めてよくわかった。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS