最後の将軍(司馬遼太郎)

最後の将軍たる徳川慶喜を描いた
この作品もまた感じ入ることが多く、

良い人生勉強になったような
気がする。


「時代の流れと才能」がテーマで
あろうが、それにしても、最後の将軍
というタイトルは見事と言うほかはない。


幕末のこの時代を
司馬遼太郎さんは
西郷隆盛
坂本龍馬
徳川慶喜
土方歳三


というそれぞれ立場の違った
登場人物で描くのだが、まあ良く
勉強し、人を惹きつける物語りを
書くものだ、と感心する。


徳川慶喜の物語での一番の
学びは、恭順退位後の身の
施し方である。


引き際とその後


とも言うべきか。


生き方に筋を通さない
となあと思う。

 

本の詳細はこちら

最後の将軍(司馬遼太郎)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS