事務屋の矜持

中小企業にとってお金を稼がない
管理部門への風当たりは厳しい
のが一般的だと思う。


業務も出来て当たり前だと
賞賛されることも少ないだろう。


だがしかし、中小企業が一定の
成長を志向すると ITや総務経理
などの部門の競争力が効いてくる。


当社は、この3年事業目標を
達成して増収増益だが、彼等の
貢献が実は大きい。


経営者の目指すところを共有して
リスクやトラブルを事前に
予測して、三遊間を抜ける様な
ヒット性の当たりをファインセーブ
する様な役割である。



給与計算事業も同じだが
こういう事務屋の矜持の様な
ものが、会社を文字通り支えて
いるのが、トップにはよく見える
ものだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS