読書という荒野(見城徹)

何となく暑苦しいような気分に

なりたいときに、この人の本を

手に取るような気がする。

 

何かを成し遂げる人は、物事への

執着が人並みはずれて強い人が多く、

僕の周りでも例外はない。

 

そういう意味で、僕は、全く凡人。

 

ただし、特に経営が良く分からずに

苦しかったときに、見城さんの本を

夢中で読んでいたことは確か。

 

多分何かを得ようと必死だったのだろう。

 

本の詳細はこちらから

読書という荒野 (見城徹)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS