思考の粘着性

社員総会における僕のプレゼンの
目的の1つが、


「能力を開花し、良い仕事を
残す人になる為には」


彼らが普通の人と何が違うか
を若いスタッフに伝えることだった。


それは、寝ても覚めても
答え(真実)を追求する
という生活習慣だ。


私は、これを

「思考の粘着性」

と呼びたい。


答えを探すことを目的とせず、
探す旅そのものが楽しい、とでも
言うような世界である。



必ずしも こう言う人が出世したり、
高給取りというわけではない
だろう。


彼らは、勉強家だから、
世間体よりは自分らしく生きる
ことを大事にするので、お金に
執着しない人も多い。



だがしかし、事を為す人に
例外はないだろう。



自分なりに工夫して
この事を話したつもりだが、
その時の会場の雰囲気は

???? と言う感じだ。


まあ仕方ないかな。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS