ダメだった過去を忘れない

先日紹介した元上司宅への訪問時の会話。

脳の病気で、前日のことも忘れてしまう、

という彼の言葉が信じられないほど、

数十年前の話に花が咲いた。

「お前は本当にダメな奴だったなあ」

「はい、大変お世話になりました」

「なんでそんなに頭が悪いんだ」

「すいませんでした!」

「お前の指導は本当に苦労したぞ!」

「ありがとうございます。おかげさまで、

 今は、社員に偉そうに指導ができるまでに

 なりました!」

事実、この東大出身、朝日新聞を辞退して無名の

hpに入ってきた鬼上司は無茶苦茶優秀で、怖かった。

彼の顔を朝見るだけで、胃が痛み、それ以来傷の

消えない十二指腸潰瘍は、戦利品のようなものだ。

26-30歳くらいの4-5年、ITシステムと人事法令

それに、できる人たちに「事実と論理」で話すことが

全くできずに、暗黒の時代を過ごしたことは今となって

は貴重な経験だ。

師匠と会うと、背筋が伸びて、

昔のダメビジネスマンの心情になれる。

決して、できるエリートではない、

過去の事実を改めて思い出すことも

結果としてはとても貴重な経験だったようだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS