理由(宮部みゆき)

創業した1998年の直木賞受賞作を
読んでいなかったので、この機会に
分厚い文庫を一気読み。


何というか、血の濃さや

人間の見栄や
不動産取得への執着心が、

大型タワーマンションを象徴的な
社会として、そこで起きた殺人事件から、

とてつもなく大きな展開の
小説として描かれている。


登場人物は、友人にも
知人にもいそうな人たちで、
親子の確執と貧困が共通点だが、

一方で、裕福の象徴として登場する
タワーマンションに住む住民も
また、痛烈に批判されている。
 

 

20年前の小説だが、とても
新鮮に読め、また、人間について
考えさせられる一冊だった。


 

本の詳細はこちらから

理由(宮部みゆき)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS