言葉とブランディング

ブランディングとは、僕なりの表現で言えば、外面(ソトヅラ)である。


当社のような労働集約産業において、外面と内面は可能な限り同じ方が良いと思う。
実際、そういう企業が活躍しているのではないか?

なぜならば、働くスタッフが、本気になれるから。

顧客だけが共感しても、社内スタッフがしらけているようでは、安定した成長は望めない。

理念やビジョンというwordingも同じであろうと思う。

多くの消費者に訴える大企業であれば、わかりやすさに拘るべきだが、一般の企業では、社内スタッフへ伝わる「言霊」で良いと思う。

そう言えば、HPWAYも、決してわかりやすくまとめられてはいなかった。


だが、その精神は、100年経った今でも脈々と社員の心に残っている。


外面を考えるのは、それからでいいのではないか。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS