40歳すぎの向上心

若いときは、誰しも、夢を描き、あるいは自然に成長を願い、一生懸命勉強したり、仕事をするものだろう。
 

そして、そこには、他社による「評価」が必要で、フィードバックを通じて、自分の現状位置を確認して一喜一憂する。

 

これの定期的なものが、評価や昇給システムだろう。

 

多くのサラリーマンの悲劇は、一部のトップレベルを除いて、これが、大体35歳くらいで閉ざされることにある。特に大企業。モチベーションの置き所がなくなり、後は我慢の人生が待っているというのは、とても悲しいことで、人材の無駄使い以外の何者でもない。

 

中高年の向上心とは、答えを得るためのものではなく、ましてや他人様に評価してもらうものではない。それは、高みを目指すところにある喜びであり、向かっている喜びである。

 

40歳以上の幸せ感は、ここにあるのではないだろうか。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS