読書と社会科学(内田義彦)

一体全体、本を読むという行為は、どういうものなのだろうか?

ずっとそんな事が頭にあり、手に取ったこの本は、難解ではあるが、鋭い学びというか指摘の多い本だった。

何でも北大の授業のテキストだったらしいが、僕も岩波新書をもっと読まなきゃなあと思わされる本だった。

今年の新人、来年入社の新人達に薦めたい。

 

本の詳細はこちらから

読書と社会科学(内田義彦)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS