ホワイトカラーのキャリア観①

好きな仕事をしていても、その仕事を通じて能力と付加価値を高めていかなければ、35歳前後で賃金の安い人や機械に置き換えられ、年収は、東京でも450万円が上限だろう。

そのためには、業務担当者から脱却し、業務もしくは組織の管理に向かわざるを得ない。

普通のビジネスマンにとってそれ以外の道(キャリア)はない、と思った方が良い。

スペシャリストという言葉があるが、これは、製造業とは違い、熟練業務担当者のことではない。

 

ホワイトカラーの世界でいうスペシャリストとは、「業務管理者」を指す。

 

これは、一般的には、「プロジェクトマネジメント」とも呼ばれるものだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS