早くて便利はカラダに悪いか

思うに、我々男性ビジネスマンのほとんどは食事について無頓着で育つ。

ーガッツリ食べる(満腹)

ーさっさと食べる

というところだろう。

 

この数十年、この要求を満たす。フードサービスやコンビニなどの小売は発達し、添加物による保存技術の発達、味や見た目の加工が進んだので、中身や安全性を省みず、

 

「早くてうまいもの」をとりつづけてきた我々のカラダは、ボロボロになった。

ー草食化

-引篭もり

-精子減少

-ストレス耐性の低下

などが、無関係とは思えない。

 

公害問題などと違い、科学的に因果関係が明確になりづらい飲食料などは行政が、供給サイドになりやすく消費者としては、自分で学び自分で防衛しないと、40代以降の人生が大きく劣化する可能性があるのではないだろうか。

 

健康不安を抱えながら、幸せな人生を歩むことは難しいことだと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS