教養としてのテクノロジー(伊藤穣一他)

伊藤穣一さんは、米国でも有名な日本人で、僕にとっても一度はお目にかかってみたい1人である。

この本は、今週末の樋口ゼミ(読書勉強会)の事務局が選んだ一冊だが、考えさせられる内容が満載で、薄い新書なのに、なかなか読み進まない。

今週は、この本の紹介を中心にしていきたい。

第1章は「AI」は「労働」をどう変えるのか?

テクノロジーの進化とその背景にあるシリコンバレーのテクノロジー信奉(全ての問題をテクノロジーが解決するはず)を本末転倒として批判する内容だと思う。

次に仕事を奪われる、という通説に対する深い思考がされている。そんじょそこらのノウハウ本とは思考のスケールが違う。

働く、という概念にまで迫り、お金を得る手段以外の労働価値観を提供しており、いくつかの事例も示している。

合わせて、経済学という考え方そのものにも、普遍的ではない、という指摘があり、考えさせられる。

第1章ですでに、「働くって何だろう?」「社員の幸せはどう変化するのか?」

飛行機の中で、グルグル思考が回り、あっという間に東京に着いた。

 

本の詳細はこちらから

教養としてのテクノロジー(伊藤穣一他)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS