昨日の続き ①

昨日の続き

第2章は、「仮想通貨」

第3章は、「ブロックチェーン」
この二つは、正直に言えば、「良くわからん!」

僕の頭が固く古いのと、技術や金融の知識が少ないのと、その変化のインパクトが、現体制から程遠すぎて、イメージが湧かなかった。

ただ2度読んでわかったことは、「現代のマネーは、国家主義の根本であり、ここに書かれていることはそれを否定することである」という事だ。

彼は、自然界の法則を使って経済も同じ有機体として、この変化の流れを説明する。

国家というシステムと「コミュニティ」という価値創出エリアが、どう融合するのだろうか?

唯一理解共感できたのは、最後の「人間関係はお金に換えない」という件。

これからしっかり勉強します!

 

本の詳細はこちらから

教養としてのテクノロジー(伊藤穣一他)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS