朝が来る(辻村深月)

僕は小説を読んでいても、あるいは映画を観ていても、何処かクールな所があり、「感動する」という事があまりない方だと思うが、この本は例外で、特にラストシーンは美しすぎてやられてしまった。

不妊治療と特別養子縁組がテーマであるが、もう一つは、親子と家族だろうなあ。

本の詳細はこちら

朝が来る(辻村深月)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS