思考の整理学(外山滋比古)

リーダーやマネージャーに抜擢しようとして一番悩ましいのが、「思考することの浅はかさ」である。

答え探しに奔走し、悩んだり、真実を追いかけることを楽しめない。

学校秀才は、まずこうなると思って間違いない。

逆に言えば、自分の頭で考えることができるのは、世の中に迎合できずに我が道を生きてきたか、事情があって大学を出ていないくらいの方が良いと思う。

彼らは、答え探しに興味がないので、機会を与えると伸びていくので、マネージャーとしてもグンと伸びる。

さて前置きが長くなったが、この本は何と225万部売れて東大や京大でもベストセラーだという。

35年前の本だから、ネット登場前で、その点古いのだが、思考の基本がわかりやすく書かれていて、確かに学生時代読むべきだよなあと思う。

 

本の詳細はこちら

思考の整理学(外山滋比古)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS