上半期振返りの意義

振返りをしない会社は意外と多いのではないか。いや、正確に言えば、振返りしたフリをしている、というべきか。

軽いレビューや報告を聞けば、何のための振返りだか一目瞭然である。

そもそも上司の顔色見た振返りも多いのだろう。

昨今の不祥事が、「立派な社員が勤める、立派な会社で起きている」ことの証明にならない。

さて、当社での上半期の振返りレベルはどうであろう。

まだまだ、指示されて慌てて考えた、という領域をこえているマネージャーは少ない。

それは毎日毎日どれくらい振返り、考え抜いているかの差である。

怖いのは、 マネージャーの思考レベル以上にスタッフは深まらない事だ。

鍋蓋チームの出来上がりである。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS