解釈

昨日の続き。



お客様から得られた情報を
自分の言葉で「解釈して」
初めて、「提案」が作れる。



解釈までには、顧客のビジネスや
経営情報の収集、担当者への追加
質問や確認などの膨大な作業
が必要である。



実は、この「解釈」のステップは
お客様ができないことを
代行していることになり、
作業そのものに付加価値がある。


だから、本来有料であるべき
だと僕は思う。



さて、このような付加価値の高い
提案は、当然他社と差別化されて
いるから受注確率が高い。



この「付加価値」を

「顧客の信頼」

と言い換えてもいいだろう。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS