真向勝負

高温多湿で汗でボールが
滑る今大会ではキック攻撃が
多い。



その中で日本はキックをほぼ
封印して自陣からも、細かい
パス攻撃を続けた。


これが効いた。
後半明らかに、アイルランドが
走れなくなり、ラインブレイクも
個人的なものが多かった。


ディフェンスでも、
大外に展開してウチに返す
二本の弱点を突いたアイルランド
の戦術を堀江、トンプソン、具選手
がよく戻り、防いでいた。


こう考えると、今回の闘い方は、
走力と体力があり気候に
慣れている日本にしかできない
戦い方であり、コーチ陣の
知性と戦略性を感じる。



お見事な戦いぶりであった。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS