社会学

「社会学」

という学問領域は
いつ頃からできたのだろう?


僕が高校生で進路を考え出した
頃、文化系で選べるのは、経済学
商業学、法律もしくは教育か
文学部しかなかったように思う。


この20 年「社会学」
と名のつく書物を読むことが
多いのは、経済活動どっぷりの
自分の常識が如何に狭いか、
と言うことを知らされるからである。


同時に利益よりも
人材育成に価値を見出す
僕としては、こちらの方が
学んでいて楽しい。


60の
手習いかもしれないが、
時代が求める学問はやはり
楽しいものだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS