罪の轍(奥田英朗)

奥田さんの著作も、ほぼ総なめである。

 

この人の小説は、展開がエキサイティング

で、飽きさせないこともあるけど、それ以上

に人間味のある場面が多く、引き込まれる。

 

今回の著作も、大きなテーマで

睡眠不足を抱えながら3日で読みきった。

 

北海道の果てから東京に

流れ着いた主人公が、

日本中を揺るがす誘拐事件を

起す、という人間ドラマだが、

優れた映画監督に作品にして

もらいたくなるような傑作だ。

 

経営者として、

人事を専門とする者として

これ以上ない勉強というか

感動を覚えた。

 

年末年始に読んでみてください。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS