紺碧の空

朝ドラの「エール」が好評で
記録的な視聴率らしい。


亡くなった志村けんさんが
出演していることもあろうが、


今朝は早稲田大学応援歌である
紺碧の空 誕生の場面だった。

NHKにも多くいるであろう
OBも興奮を抑えられたい様子。


それにしても校歌だとか
部歌、応援歌などというものは
排他的なものにも映るけど、
同窓の人間にとってはかけがえの
ないものだろう。


集って肩組んで歌えば
数十年昔にスリップして
しまうような不思議な高揚感を
もたらす。


主人公は次に阪神タイガースの

六甲おろし

を描くはずだ。


これはもう止まらないだろう。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS