これからの経営者の仕事

コロナ問題が少し落ち着いたら
僕たち経営者の役割も大きく
変わる事だろう。


今社内で幅をきかせて
いるのは

「効率化」
「生産性」
「収益性」


と言った言葉であり
僕も毎日のように口にして
いる。



確かに無駄は多い。
一般的な日本の会社の
仕事時間は半減できるし
役員、管理職も同様だ。

だが、一方で、
これだけ叫んで
管理するのであれば
社長失格である。


社長の次世代の仕事は、


「遊びと無駄の創出」
だと僕は思う。


これは「創造力」「想像力」
という人間の基本機能を失くした
組織は、過剰なダイエットの
果てに朽ちる人間の身体と
同じだと思うからだ。


それは
一見無駄に見える
取組や行動であり


研修
会合
採用活動
などの現場に
いろんな形で
あらわれるだろう。


そういうことが出来る
度量がないと肥満になったり
痩せすぎて、メンタルをやられた
人間と同じで、バランスが悪い。



バランスが悪い組織は
この時代決して成長しない
と思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS