僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー

発売されてから
読み終えるまで1年も
かかってしまった。


差別を扱う
ノンフィクション



子供がsurviveする
その目線から、イギリス社会
全体の大きな問題点を指摘した
内容ではないか。


後10年したら、
日本でも同じような
社会になるのだろうか。


ならざるを得ないだろうなあ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS